森と風のがっこう  
活動内容 施設紹介 イベント情報 Cafe森風 交通アクセス 森風に参加する 団体情報森風に参加する
トップ/活動内容/イベント情報 森風ブログ スローツアーブログ 代表吉成のときどき日記
イベント情報
一覧に戻る
 
第2回 森風えほんフェスティバル 9/16(日)
 
 

おとなも子どももみんなおいで♪えほんの世界へようこそ



【東日本大震災支援プロジェクト】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
秋の明るく透明な風そよぐ森、
ゆらゆらゆれるハンモック、
ほっぺが落ちちゃう美味しいスイーツ、
体がソワソワしだすリズム、
そしてたくさんの絵本たち。
ココロも笑顔も、ふんわりまあるくなれちゃう、森風えほんフェスティバル。
みんなでいっしょに、の~んびり、ゆ~っくりしよう。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

気になるチラシはこちらでチェック!↓
http://www.morikaze.org/file/201209ehon_fes.pdf

●楽しいイベントもりだくさん!
▼おんちゃんのえほん100選
みんなでえらぼう!きみのお気に入りのえほんはどれかな?
▼楽しいお店がいっぱい
消しゴムはんこ屋さん、陶器ブローチ、イラストなど♪
▼森のこびとスタンプラリー
ポランの森へ、みんなでこびとを探しにいこう!
▼えほん読み聞かせ
被災地で活躍する読み聞かせグループを招待。どんな絵本が出てくるかは当日のお楽しみ。
▼森の音楽会
“ショピン”のボーカリスト・野々歩さんと晃生さんが来てくれるよ!
親子で楽しめるステキな音楽会です。
▼えほんトーク
これからの被災地の子ども支援と絵本の役割を考えます。
▼魔女のえほんカフェ
カフェ森風が、えほんカフェに変身。えほんに登場する手作りお菓子が食べられるかも?

●開催要項
▼日程  2012年9月16日(日) 10:00~17:00
▼対象  子どももおとなもどなたでも。
▼定員  ありません
▼場所  森と風のがっこう
▼参加費 無料

●お申込み
不要です。直接お越しください。

●おもなスケジュール (主催者の都合で予定を変更することがあります)
 10:00~スタート  おんちゃんのえほん100選、屋台出店、森のこびとスタンプラリー           
 11:00~12:30   森の中でえほん読み聞かせ           
 13:00~14:00   森の音楽会
 14:10~15:40   えほんトーク
          「今後の被災地の子ども支援と絵本の役割を考える」
           
●出演者 (予定)
野々歩 ののほ (歌)
小田晃生と共にアコースティックユニット「コケストラ」として活動後2006年に結成し「ショピン」のボーカリストとして田中馨(ex,サケロック)とタカハシペチカ(ヒネモス)と内田武瑠(ex,Good Dog Happy Men)と共に活動中。2008フジロック・フェスティバル出演。その後も落語との共演や金沢21世紀美術館での公演など枠にとらわれない音楽活動が特長的。2009年より、ものづくりやイベントを企画するユニット”nononootoshimono"を活動開始。http://nonohoms.jugem.jp/   

小田晃生 おだこうせい (ギターと歌)
1983年生まれ岩手県出身。アコースティックバンド「コケストラ」のメンバーとしての様々な活動を経て、07年に初のソロアルバム「まるかいてちょん」をリリース。舞台やCMへの楽曲提供や、親子で聴けるへんてこロックバンドCOINN(コイン)への参加など、多岐にわたって活躍している。http://www.chicchaitanbo.net

あっぷっぷ(野田村の絵本読み聞かせグループ)
平成8年結成。図書館での読み聞かせを中心にしながらも、現在は小学校や老人施設へも出向く。震災以後も、絵本の寄付を得ながら積極的に活動中。

ぞうさんのミミ(宮古市の絵本読み聞かせグループ)
平成13年結成。小学校等で絵本等の読み聞かせを行う。平成22年度、文部科学大臣表彰受賞。昨年「3・11絵本プロジェクトいわて」の活動に参加。現在、ぞうさんのミミ文庫を月2回開設。
 
読書ボランティアおはなしころりん(大船渡市の絵本読み聞かせグループ)
平成15年結成。小学校等での絵本読み聞かせ、紙芝居制作、講演会等が主な活動。震災以降は、避難所巡回おなはし会、移動こども図書館、仮設住宅団地での読み聞かせ講座を実施中。

こむろ こうじ(おどっつあん‘S)
2008年、山田町在住時に、宮古市男性読み聞かせ団体「おどっつぁんS」の設立に関わる。以後、本屋での絵本ライブ、子育て支援事業や小学校等での読み聞かせ活動に参加。

小松 則也
1958年三陸町生まれ。震災をきっかけに「つなみ石」等の震災絵本を制作。小学校で絵本を活用し防災・復興教育を行っている。また、震災の教訓を伝えるため震災絵本の読み聞かせを行っている。

吉成 信夫(森と風のがっこうコーチョー)
東京生まれ。開館以来7年間、いわて子どもの森館長を務めた。おんちゃんの親子ワークショップ「えほんの森できょうもあそぼう」シリーズが人気。野遊びとえほんが大好き。
 
●「おんちゃんとえほんの森できょうもあそぼう」参加受付中!
「森のおさんぽ」+「森の中のえほんの読み聞かせ」+「おやつづくり」がセットになって、楽しさも3倍。10月はお泊まり会です。
※事前のお申し込みが必要です。
▼日程 2012年10月20(土)~21(日) 一泊二日 
▼対象 4才~小2ぐらいまで
▼費用 子ども4000円、大人 6000円
▼お申し込み方法 電話またはメールで

●「森のえほんアトリエ」近日完成!(枠で囲んでください)
えほんがいっぱい。森の枝や素材で本棚を作ったのでまるで森の中に居るみたい。ロケットストーブだからほんわりあったか。デッキからは森が広がる気持ちよい眺望。こんな森風新名所がまもなく完成。のぞいて見てね!  byおんちゃん

● 森風deお泊まり エコ生活体験
「えほんフェスティバル」の後は、自然エネルギー宿泊体験施設「エコキャビン」に泊まって、エコ生活を体験しませんか?
 ※事前のお申し込みが必要です。
▼費用 子ども2500円、大人4000円(夜朝の食費込み)
※別途、会員の申込が必要です。
▼お申し込み方法 電話またはメールで


●お申し込み・お問い合せ先
NPO法人 岩手子ども環境研究所(森と風のがっこう)
028-5403 岩手県岩手郡葛巻町江刈42−17
TEL&FAX0195-66-0646
e-mail morikaze0@gmail.com
http://www.morikaze.org
(財)岩手県長寿社会振興財団【いわて子ども希望基金】、【森風子ども災害援助基金】助成事業

●森と風のがっこうへの交通アクセス
・滝沢I.C.から約1時間5分
・一戸I.C.から約1時間
・いわて沼宮内駅から約40分
・道の駅くずまき高原から約20分




 
一覧に戻る
ページの上へ
NPO法人 岩手子ども環境研究所
〒028-5403岩手県岩手郡葛巻町江刈42地割17番地 TEL&FAX0195-66-0646 Email morikaze.0@gmail.com
All rights reserved by 岩手子ども環境研究所